staff_eye.jpg

コミュニケーション ~ダイアログ・イン・ザ・ダーク~

こんにちは。

ミノルです。


すっかり秋らしい気候になりましたね。

さあ、いよいよ県大会!

 

の前に、今回は先日私が体験したことについて、お話したいと思います。

皆さん、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」をご存知でしょうか。

以下、公式サイトより紹介文を引用します。

 

--------------------------

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、

暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、

中を探検し、様々なシーンを体験します。

その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、

そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

-----------------

 

そう、完全な暗闇の中を体験するこのダイアログ・イン・ザ・ダーク。

 

中に入った瞬間、視覚を遮断された状態で、いろいろなレクリエーションを行うのです。

アテンドの方たちが全て見えているのではないかと錯覚するほど

暗闇の中も自由に行動され、彼らなくしては何もできない自分達がいました。

 

なんとも不思議な体験!

視覚を閉ざされただけで、別の感覚が開いたような気分にもなり、

他者の声と存在感を敏感に感じ、

その人の「心のあたたかさ」まで見える気がするのです。

 

「人は見た目が9割」という本が一時期話題になりましたが、

その「見た目」がなくなると、いかに「他者」の感じ方が変わるのかと驚き。

また、外に出ると眩しい街の光、車の騒音、雑多な刺激が一気に入り込み、

普段の生活がいかに刺激の多いことか、など色々と気付かされた気がします。

感じ方は千差万別ですが、「コミュニケーションの大切さ」に気づくきっかけになりえる

暗闇の中のエンターテイメント、是非一度体験してみてはいかがでしょうか。


と、ドラムメジャーという立場になってから、よりコミュニケーションに対する関心が深くなり、

このように好奇心のアンテナを高く張っていますが、

以前からアメリカから招聘しているアレンジャーの方々ともっと英語を通じて色々話せたらなあ。。

という淡い思いから、そういう場に飛び込むしかないと決意し、

30代突入を数日に控え、ついに英会話に通い始めました...!!

平日もNHKニュース7とニュースウォッチ9を音声切替で英語版で聞いて、

英語脳と耳をフル回転させています。

No pain, no gain. 

少しづつ、コツコツとやっていきたいと思います。

(こういう場をお借りして公言すると、書いた以上頑張らねばという状況に自分を追い込めます^^;)

 

さあ、明日は県大会。

INSPIRESの音楽と動きのコミュニケーションの結晶である【Spirit of India】をご堪能ください。

ご声援よろしくお願いいたします!

mino.jpg

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

Yokohama INSPIRES Staff Teams

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

  • momo1.jpg
  • mino.jpg
  • yoko_blog04.jpg
  • diary_sayaka02.jpg
  • Spirit of India.jpg

Powered by Movable Type 5.2.13