staff_eye.jpg

2016シーズンを振り返って

テクニカルスタッフの平沼穂香です。

前にブログを書いたのは何年前でしょうか...(笑)
今年でキャプションヘッドになって3年目となりますが、
インスパイヤーズやその他ベテラン方の歴史に比べれば可愛いものですね^ ^


さて、本題。
インスパイヤーズはここ何年かの非常に苦しい時期を経て、
先日行われた全国大会にて3位を獲れるまでに。
そしてこのドラムラインも、ドラムコーという規律を守る芸術の範疇で自分たちを表現することができるラインに成長してきました。
 (※インスパイヤーズでは、BatteryとPitを合わせてドラムラインと呼んでいます)

チームとドラムラインの成長を共に感じながら過ごしてきたこの3年間は、
短いながらも私にとってはなんとも言い難い日々です。

なんだか、感無量のような感じになっていますが。笑

ここがゴールとは全く思っておりません。

ここからがインスパイヤーズ本隊、そしてドラムラインのスタートなのです。

これからの日本のマーチ界でどのようなショーがトレンドになり、
評価されるようになっていくのかは想像がつきませんが。

人間がやる意味"を大切にし、それを作品として体現できるチームであり続けられればと願います。

音が空気の振動で伝わることは、皆さんご存知の通りですね。
ブラス楽器からの振動、打楽器からの振動、フラッグやダンスからの振動やゆらめき。
それら全てが化学反応のようなものを起こして、ドラムコーのショーは出来上がっています。

その日の湿度や温度、演技する場所によって全ての振動の仕方は変化します。
そして、パフォーマーが出す振動もまた日々変化します。
さらに、観客の皆様の体調によっても振動の捉え方が変わるかもしれません。

その日、その一瞬の化学反応は、目の前にいるあなた(観客)と私たち(パフォーマー)にしか肌に感じることは出来ません。
"キレイな演技"はDVDでも見れますが、そこに付加されるパフォーマーつまり人間から放たれるエネルギーは生の演技でしか決して味わえない。
そして、作品、パフォーマー、観客、環境、...何が欠けてもショーは完成しません。
観てくださる観客の皆様も大事なショーピースの1つです。

そう思うと、生の演技を観に来たくなりませんか?ぜひ、いらしてください^ ^

"今シーズン"に話題を戻します。
2016年は私にとってだけでなく、今年度のメンバーにとって思い入れの強い年の一つになっているように感じます。
それは、All Rise(2016年ショータイトル)という作品に思い入れがあるから。
(今までのショーがどうのこうの、っていうことではなく...。)

チームにとってどれだけ思い入れのあるシーズンになるかは、
どれだけそのシーズンを捧げる作品に愛情を注げるかが深く関わってくるように思います。

余談。元々の作品があって、そこに人間の活力が加わることで、"ショー"になると私は考えています。

前で聴く側は、「ここはこう演奏(演技)するでしょう!」というところで、思った通りのものあるいはそれ以上のものが来ると、とても印象に残るパフォーマンスになると思います。

ならば、その逆も然り。

「ここはこう演奏(演技)するよね」とツーカーで感じられる曲をパフォーマーに提供することはとても大切なこと。

当たり前のことですが、ショーを作る側として改めて作品の重要性を感じたシーズンでもありました。

作品制作の面で。
本隊のショーにおいては、アレンジャーの方々と密に連絡を取りながら、
現場で起きていることと擦り合わせ、作品をブラッシュアップしていく立場として。

2月に行われるWGJ(インドアパーカッション)のショーでは、
実際にアレンジチームを担う立場として。

パフォーマーにとって心地よく、愛せる作品を作ることを肝に銘じました。
きっとその心地良さは観客の皆様にも伝わると信じております。

社会人の多いインスパイヤーズは、1年間を区切りとし、
目の前の一瞬を全力でやりきることだけを続けてきた結果、来年で35周年を迎えます。

それを迎える前に、パーカッションセクションとしては、近々のWGJに向けて一直線。
心を入れ替えて臨みたいと思います。

WGJ3連覇もかかっておりますが...。
全ては良いショーを観客の皆様に届け、皆様とそのかけがえのない空間を共有するため。

メンバーは全国大会の結果を受けて、すでに目の色を変えています。頼もしい限り。

私はスタッフですが...
これからも真摯に技術を磨き、研究し、
表現者として自分たちを見つめ直せるドラムラインの一員として、
彼らと一緒に成長していける関係でありたいと思います。

今年も皆様の応援がとても励みとなりました。

WGJの仕上がりも今から楽しみですが。
まずは、12/25(日)スーパーマーチングでのAll Riseラストパフォーマンスを以って、
皆様に感謝をお返しできればと心から願っております。

今後とも、応援と注目のほど、宜しくお願い致します。

honoka.jpg

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ