INSPIRIT2019

  • 投稿日:
  • by

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
Soprano Bugleを担当しております、山口翔馬です。
久しぶりのブログ更新となりますが、私たちINSPIRESは2月11日のコンサートをもって2018年度の活動を無事終了いたしました。
1年間、ご支援賜りました皆様に心より感謝申し上げます。
また、コンサートに華を添えてくださいましたゲストの横浜市立潮田中学校様、ColorGuardTeam Volare様、15ichie様に御礼申し上げます。


さて、今年のコンサート"INSPIRIT2019"は昨年のホールとは異なり、フィールドでの開催となりました。

オープニングでは2015年度のshow、"Spirit of India"を当時のドリルで再現いたしました。
実は3年前にこのshowを経験したメンバーは、全体のわずか2割ほどです。
多くのメンバーが初めてのコンテンツとなりました。

第1部最後に披露した"DUENDE"は、22歳以下のメンバーで構成いたしました。
ベテランがいない中で試行錯誤を繰り返し、自分達で作り上げたshowです。
若いエネルギーを存分に感じていただけたのではないでしょうか。

そして、完成版でお届けするべく体育館開催の決め手となった2018年度show、"Sound of Sirens"。
照明の演出を加え、水兵を惑わすセイレーンの独特な世界観をお楽しみいただけたかと思います。

その他のコンテンツも含め、昨年とは演出も構成も、また会場も変えて臨んだINSPIRIT2019でした。


「全国大会が終わってから1ヶ月ちょっとでよく仕上げたね」というお言葉もいくつかいただきましたが、INSPIRITを開催するまでの準備は容易なものではありませんでした。
私はプレーヤーの傍ら、スタッフとしてコンサートの制作にも携わっていました。
そのため膨大なコンテンツを管理して一つひとつ完成させていく難しさ、そしてそれらを実際に仕上げるメンバーの大変さの双方を体感しました。
正直、大会シーズンにはない辛さを感じました。
また、コンサートの準備を進めるにつれて、メンバーの意見が合わなくなってしまうことも多々ありました。
開催直前に「今年のコンサートはどうなるのだろう‥‥‥」とも考えていました。

そして迎えたINSPIRIT当日。
それまで抱えていた不安は、お客様の拍手と声援により自信へと変わりました。
「目の前のお客様をインスパイアするんだ!」という気持ちが、私たち自身をも鼓舞していました。

お客様からいただく最高の拍手・声援のために、どんな道のりでも乗り越えられる。
この使命を抱えてこれからも頑張っていこう。
そう感じた1日でした。

会場まで足を運んでくださり、熱い声援や拍手をくださった皆様に、改めて感謝申し上げます。


INSPIRESは3月より、2019年度の活動をスタートいたしました。

私のミッションにもあるように、観てくださる全ての方に感動を提供できるよう、より一層尽力して参ります。

私たちの活動に興味を持ってくださった方、どんな練習をしているのか気になっている方など、どなたでも見学大歓迎です。
ぜひ一度、私たちの活動をご覧ください。
また、3月17日10:00より横浜市開港記念会館7号室にて入隊説明会を行います。
こちらの参加もお待ちしております。

私たちと共に、お客様をINSPIREしましょう!

ご精読ありがとうございました。

20190211192606_IMG_3764.jpg20190211191033_IMG_3699.jpgOI000240.jpg